ぱろすけ's website

Evernote から Dropbox に乗り換えたら確かに快適になった

ミニマリストの友人に影響されていることもあり、日常の物事をもう少しシンプルにできないかと、常々思っています。たとえば細かな情報をどこに集約するか。これまでは、スケジュール帳があって、TODO リストがあって、ネタ帳があって、進捗記録帳があって、なかなか混乱した生活を送っていました。

そういう情報のよい集約先として Evernote が知られているけれど、あれは重いですよね。しかもお節介な機能が多い。僕が欲しいのは章立てと箇条書きくらいなのですが、変に空気を読んで改行がおかしくなったり箇条書きがおかしくなったり、あんまり使い勝手が良くないです。

そんな中で「EvernoteからAtom+Markdown+Dropboxに乗り換えてみて」 という記事を読みました。内容はタイトルの通りで、Evernote ではなく Dropbox 内に情報を集約して、それを Atom というテキストエディタで管理しよう、という話です。

これは良さそう、ということで実践してみました。


たとえば、このウェブサイトも Dropbox に入れ、Atom で編集するようにしました。

従来は、この「雑記」カテゴリの更新は以下のように行われていました。

  1. ローカルにあるウェブサイトのディレクトリ内で markdown で文章を書く
  2. 更新用のスクリプトを走らせる
    1. 書いた文章が markdown から HTML に変換される(自動)
    2. ウェブサイト全体が GitHub にアップロードされる(ID とパスワードの入力が必要)
  3. ウェブサーバ内のディレクトリが git pull により更新され、ウェブサイトが更新される

ここでいまいちなのは

  1. 更新用のスクリプトを手動で走らせなければならない
  2. わざわざ git や GitHub を使う意味があまりない

点です。

一方で、新しい更新プロセスは以下の通りです。

  1. Dropbox にあるウェブサイトのディレクトリ内で markdown で文章を書く
  2. ウェブサーバ内にあるウェブサイト用ディレクトリが Dropbox により同期される(自動)
  3. ウェブサーバ内で markdown を HTML に変換するスクリプトが走る(自動)

手間も減って、構成も必要最低限という感じになりました。


教科書のノートを取るのも簡単になりました。

従来。

まあこれは、従来がダメすぎですね。


まだウェブサイトと勉強関連のノートしか移行できていないけれど、これから取り散らかったネタ帳やら何やらも移していこうと思っています。たぶん快適に過ごせるようになるはず。おすすめです。


Copyright (C) 2014-2016 ぱろすけ. All Rights Reserved.